2人目ができないからストレスが!?妊活に大切な3つの方法とは

2人目ができないからストレスが溜まっている必見の情報!

2人目ができない…ストレスばかりと悩んでいませんか?

 

2人目,できない,ストレス

 

現在2人目ができないので不妊治療をしていてストレスだという人もいるのではないでしょうか。

 

1人目は思っていたより早く出産することができ安心していたけど、いざ2人目の妊活したら…全然妊娠しなくてつらい。

 

わたしも、あなたと同じようになかなか妊娠できず焦りやイライラが募っていました。

 

色々なタイミングや食事など気を付けたのですが、30代に入り受精卵や精子が上手く出会えないのかな…。

 

でも、子供は1人では寂しいので2人目が欲しいです。

 

そう思っていた時に、病院や体外受精に頼ることなく妊娠できました。

 

もし、あなたも2人目ができないとストレスを抱えているのでしたら、3つの方法を紹介していますので参考にしてみてくださいね。

 

2人目ができないとストレスを抱えている人は深呼吸

 

あなたも分かってはいると思いますが、2人目ができないとストレスを抱えるのは一番妊活にとってダメなことです。

 

でも、家事や育児、仕事で忙しく、思うように旦那とのタイミングも合わず、ついついイライラとストレスが溜まってしまう。

 

このようにつらい状態では、子供は授かりません…。

 

ストレスを溜めないのは難しいかもしれませんが、まずは心に余裕を持って行動をしてくださいね。

 

そうそう深呼吸ですよ^^

 

2人目ができないとストレスを感じている人に必要な栄養

 

妊活にもっとも必要な栄養である「葉酸」を摂取されていますか?

 

葉酸は妊娠を計画している女性に1日400?の摂取が推奨されています。

 

この葉酸という栄養成分は、胎児の健やかな成長にも非常に大切になってくるので、妊活中から摂る事をおすすめします。

 

実は、わたしも妊活中に葉酸を摂取しようと思ったのですが、なかなか食事からは摂る事は難しいのです。

 

妊娠を計画している、妊娠中の女性は1日400μg摂取することが推奨されています。

 

例えば、

  • ほうれん草40gで136μg
  • ブロッコリー50gで105μg
  • いちご75gで68μg

という感じです。

 

ただ、鶏レバーや牛レバー、豚レバーを50gだと1日の摂取量以上になります。

 

「そうか♪レバーは葉酸量が豊富なんだ♪」と思ったのですが、毎日レバーを食べるのはちょっと…。

 

そんなときに、TVや出産雑誌で良く観かけた「葉酸サプリ」を試してみたのです。

 

葉酸サプリなら、簡単に1日の摂取量を摂る事ができますし、他にも子作りを意識されている女性にとって必要な栄養が豊富に入っています。

 

つまり、葉酸サプリを2人目ができないとストレスを抱えている女性に飲んでもらいたいのです!

 

実際、わたしもストレスやイライラを感じないように上手に日常を過ごしながら、葉酸サプリを飲み続けたら…。

 

なんと♪約2か月後に無事妊娠できたのです♪

 

ストレスを軽減し葉酸サプリを飲んで本当に良かった^^

 

もし、あなたも2人目ができないとストレスを抱えているのでしたら、この葉酸サプリを飲みながら心に余裕を持ってみてはいかがでしょうか。

 

きっと、可愛い赤ちゃんに会えるはずです。

 

妊活中の女性に人気の葉酸サプリがありますので気になる方は公式サイトを確認してみてくださいね。

 

 

 

↓↓妊活中の女性に大人気の葉酸サプリ↓↓

2人目,できない,ストレス葉酸サプリ

 

 

 

不妊治療をちょっと休憩してみる

 

不妊治療は女性にとっては非常につらいです…。

 

期待を抱きながら病院に通うのはとても良いのですが、思ったほど効果がなかったら…。

 

何のために産婦人科に通っているのかわからない…と落ちこんでしまいます。

 

だからこそ、あなた自身にストレスをため込まないためにも一度不妊治療を休憩してみるのです。

 

子供を作るための前進を止めてしまったら…。と考えるかもしれません。

 

でも、不妊治療を休憩してスッキリするのも大切な妊活です。

 

ストレスを溜めた状態では不安や疲れが生じますからね。

 

ただ、不妊治療をやめたら心配になるかもしれませんが、私の友人は不妊治療を止めた途端妊娠しました♪

 

タイミングが良かっただけかもしれません。何が原因で、何が悪かったのかもわかりません。

 

でも、不妊治療をやめた途端妊娠したのです。

 

だから、一度休憩してみてからまた頑張ってみるのも良いと思います。

 

以上が、妊活で意識しておきたい3つの方法でした。

 

不妊治療や妊活はいつまで?

 

30代40代になると卵子の関係で、妊娠しづらくなる女性も多いかもしれません。

 

もちろん、男性の精子側にも問題がある場合も。

 

だから、不妊治療や妊活はいつまでしたら?

 

と切羽詰まった夫婦もいるのではないでしょうか。

 

ただ、この止めるタイミングというのは他人がアドバイスするのはとても難しいです。

 

だから、夫婦で話し合って満足のゆく期間を設けてみてはいかがでしょうか。

 

妊活中に避けた方が良いものとは?

 

妊活中の人は避けた方が良いものがあるのはご存知かもしれません。

 

例えば、カフェインを豊富に含むコーヒーやお酒。

 

あと、ヒ素などが含まれている海藻類もありますが、こちらはよっぽどの量を摂らないと体に反映されないようです。

 

そして、妊娠に良いとされている漢方や亜鉛、葉酸などは積極的に摂りたいですね。